読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうムリ

おなかいっぱいだニャ~

【全俺が絶望】正式な入社前に転職を進められた

f:id:KnightsOfTheRoundTable:20160825004737j:plain

 

結論から先に言いますと、

正式な入社前の研修期間中に中堅社員の方から転職を進められました。

( ゚Д゚)アボーン

 

大学を卒業し、期待と不安の入り乱れた複雑な想いを抱きながら社会の荒波に出てきたわけです。巷では、「ブラックだ」「サビ残だ」「終電だ」など、新入社員の悲鳴や先輩方の脅し文句が数多く存在する一方で、「残業ないよ」「ボーナス〇〇万円でた!」「有給何日とれた」という歓喜の声もみられますね。 

新年度になり数ヵ月たてば、このような同期の声があがってくるわけです。

 

しかし私は、新人として日常業務を覚え、本格的に社員として仕事をこなし、仕事や会社の全体像が見えてくる、という過程を経る前に衝撃的な御言葉を頂戴することになるのです。

 

私が新卒で入社した会社からは、「4月の正式入社前に研修として早めに来てくれないか」と言われていました。3月中から研修として会社で働くことになりました(転職を進められたのは3月)

これは・・・大丈夫だろうか・・・( ;∀;)

 

 

大丈夫ではなさそうです

 

 

 

~研修初日~

「なんでこの会社来たの?」(理由を尋ねたかったのだと思う)

ぼく「ん・・・('_')」

 

「大卒なの?頭いいんだね!」

ぼく「?('_')?」

 

~研修2,3日目~

「なんで教員にならなかったの?」(教員免許持ってるから)

ぼく「興味のあることに挑戦したかったので」

 

「この業界入れ替わり激しいから」(それは知っていた)

ぼく「(そういえば20代の先輩いねーや・・・)」

 

~研修4,5日目~

ぼく「〇〇さんはどうしてこの仕事を選んだんすか?!」

「学校の求人を見たから」(まぁそういう人もいるか)

 

~忘れもしない研修7日目~

「斜陽業界だからねぇ」

ぼく「事業を開拓していく必要がありますよねえ」

「それにも限界がある、現状維持が精一杯かな」

ぼく「そうなんですかあ・・・('ω')」

「いまのうちに・・・転職したほうがいいよ・・」

ぼく「・・・(゚д゚)・・・はあ・・・」

(がんばらねえとな的な意気込みを言って欲しかった)

 

 

 

まとめ

就活中に業界研究をそれなりにしてきたつもりでしたが、ここまで酷いとは思っていませんでした。想定外です。就活中の皆さん、入社してから分かることのほうが多いですが、業界研究やOB訪問などは十分にやりましょう(=゚ω゚)ノ